ヨシタケシンスケ展かもしれない

202249日(土)~73日(日)
東京・世田谷文学館
日時指定券は完売しました

ヨシタケシンスケ初の大規模展覧会開催!

絵本作家としてのデビュー作『りんごかもしれない』(2013年)以降、子どもから大人まで大ブームを巻き起こしているヨシタケシンスケ。
頭のなかに広がる果てしない妄想やアイデア、クスッと笑える人のクセやしぐさ、世界の真理をつくようなものの見方を細いペン先で描き続け、多くの人々をひきつけています。

ヨシタケさんは絵本を出版する以前から、イラストレーター、造形作家として活躍してきました。
初の大規模個展となる本展では、作家の発想の源である小さなスケッチや絵本原画、本展のためにヨシタケさんが考案した立体物や愛蔵のコレクションなど約400点以上を展示し、作家の「頭のなか」をのぞいてみます。
発想の豊かさに支えられたヨシタケさんの「かもしれない」展示空間を、ぜひご体感ください。

開催するところ

東京会場

会期 2022年4月9日(土)~7月3日(日)
会場 世田谷文学館
会場HP会場地図
東京都世田谷区南烏山1-10-10 
Tel. 03-5374-9111
開館時間 10:00~18:00(展覧会入場、ミュージアムショップは17:30まで)
休館日 毎週月曜日
観覧料 一般 1,000円
65歳以上・大学・高校生 600円
小・中学生 300円
障害者手帳をお持ちの方500円 (ただし大学生以下は無料)
主催 公益財団法人せたがや文化財団 世田谷文学館、朝日新聞社、白泉社
協力 アリス館、PHP研究所、ブロンズ新社、ポプラ社
後援 世田谷区、世田谷区教育委員会

グラフィックデザイン:大島依提亜
会場構成:五十嵐瑠衣

【チケット情報】
※日時指定券は完売しました

  • 状況により、会期等が変更となる場合がございます。ご来場の際には世田谷文学館ウェブサイトをご覧ください。
  • お電話でのご予約は受け付けておりません。
  • 未就学児はご予約の必要はありません。
  • 招待券・招待状をお持ちの方は直接会場までお越しください。ただし、会場の混雑状況によりお待ちいただく場合があります。
  • 高校生、大学生、専門学校生、65歳以上の方、各種お手帳をお持ちの方はいずれも証明できるものをお持ちください。
  • 障害者手帳をお持ちの方のお付き添いは1名まで無料となります。当日ご一緒にご入場ください。
  • 障害者手帳をお持ちの学生(小中高大生)の方は無料となります。当日会場入口までお越しください。
  • 20名以上の団体での見学をご希望の方は事前に世田谷文学館までご連絡ください。

【チケット販売スケジュール】

第1期 
4月9日(土)~4月24日(日)入場分
3月26日(土) 午前10時販売開始
第2期 
4月26日(火)~5月8日(日)入場分
4月9日(土) 午前10時販売開始
第3期 
5月10日(火)~6月5日(日)入場分
4月26日(火) 午前10時販売開始
第4期 
6月7日(火)~7月3日(日)入場分
5月24日(火) 午前10時販売開始
  • 会場内混雑の際には、入場をお待ちいただく場合があります。

関連イベント:

『かみはこんなに くちゃくちゃだけど』出版記念(白泉社 2022年4月)
フォトスポットやぬり絵が楽しめるコーナーを特設。
会場:世田谷文学館1階文学サロン

特設コーナー フォトスポット
特設コーナー フォトスポット
ぬりえイメージ
ぬりえイメージ

※そのほかイベントを予定、詳細は世田谷文学館ウェブサイトにてお知らせします

兵庫会場

会期 2022年7月15日(金)~8月28日(日)
会場 市立伊丹ミュージアム
会場HP会場地図
兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
開館時間 10:00~18:00(入館は 17:30 まで)
休館日 毎週月曜日(ただし7月18日は開館、翌19日は休館)
観覧料 一般 1,000円(900円)
大学・高校生 700円(600円)
小・中学生 400円(300円)
※( ) 内は20名以上の団体料金
※兵庫県内の小・中学生はココロンカード呈示にて無料
※伊丹市在住の高齢者割引有(平日60歳以上、土日祝65歳以上)
※会期中の8月土日祝に限り、時間指定予約を導入します。詳しくはこちらをご確認ください。
※会場内混雑の際には、入場制限を行う場合があります。
※週末、祝日、会期末は混雑が予想されますので、平日、会期前半のご来場をお勧めいたします。
主催 市立伊丹ミュージアム[伊丹ミュージアム運営共同体 / 伊丹市]、朝日新聞社、白泉社
共催 伊丹市教育委員会
協力 アリス館、PHP研究所、ブロンズ新社、ポプラ社

グラフィックデザイン:大島依提亜
会場構成:五十嵐瑠衣

時間指定予約について

「ヨシタケシンスケ展かもしれない」の会期中の8月土日祝に限り、30分毎の時間指定予約を導入します。すべての皆さまに楽しく、安全にご鑑賞いただくため、以下の案内に従って来場予約をお願いいたします。

なお、時間指定予約が定数に達していない場合のみ、時間指定予約をされていない方にもご入場いただきます。ただし、ご入場までお待ちいただく可能性が高いため、事前の時間指定予約をお勧めいたします。

会期中の7月15日(金)~31日(日)および8月の平日(月曜日を除く)は予約なくご入場いただきます。ただし、混雑時は入場制限をさせていただきますので、あらかじめご了承ください。閉幕間近は混雑いたしますので、会期前半のお越しをお勧めいたします。

時間指定予約はこちらから

時間指定予約の導入期間

2022年8月6日(土)・7日(日)・11日(木祝)・13日(土)・14日(日)・20日(土)・21日(日)・27日(土)・28日(日)

時間指定予約の導入開始日

2022年7月5日(火)10時~

予約可能な時間枠
①10:00〜10:30 ②10:30〜11:00 ③11:00〜11:30 ④11:30〜12:00 ⑤12:00〜12:30 ⑥12:30〜13:00 ⑦13:00〜13:30 ⑧13:30〜14:00 ⑨14:00〜14:30 ⑩14:30〜15:00 ⑪15:00〜15:30 ⑫15:30〜16:00 ⑬16:00〜16:30 ⑭16:30〜17:00 ⑮17:00〜17:30

※1回5名様までご予約いただけます。
※入場には別途、観覧券の購入が必要です。当日、来館時に1階チケット受付にてご購入ください。
※予約時間枠内であれば、いつでもご入場いただけます。開始時間直後は混み合う可能性が高いため、時間を空けてお越しください。
※予約時間枠を過ぎた場合は入場できませんのでご注意ください。
※入場後は閉館(18:00)まで時間制限なく滞在可能です。ただし再入場はできません。
※キャンセルは予約日の9:30までにキャンセルフォームよりお手続きください。予約日9:30時以降の変更はできません。
※お電話でのご予約、キャンセル、変更は受け付けておりません。
※未就学児はご予約の必要はありません。
※招待券をお持ちの方のご予約は必要ありません。直接、1階チケット受付までお越しください。

観覧券のご購入について

展覧会の観覧券は、当日来館時に1階チケット受付にてご購入いただきます。

【観覧券】
一般1,000円、大学・高校生700円、小・中学生400円

※学生の方、伊丹在住の65歳以上の方、各種お手帳をお持ちの方は、いずれも証明できるものをお持ちください。
※各種割引をご利用の方も時間指定のご予約をお願いいたします。1階チケット受付にて観覧券をご購入の際に、割引を証明するものをご提示ください。
※20名以上の団体での見学は平日に限り受け入れます。ご希望の方は、必ず事前に市立伊丹ミュージアム(電話072-772-5959)までご連絡ください。ただし、閉幕間近の平日は混雑が予想されますので、お断りさせていただく場合があります。

広島会場

会期 2022年9月23日(金・祝)~11月20日(日)
会場 ひろしま美術館
会場HP会場地図
広島県広島市中区基町3-2 中央公園内

愛知会場

会期 2022年12月10日(土)~2023年1月15日(日)
※2023年1月1日(日)休館
会場 松坂屋美術館
会場HP会場地図
愛知県名古屋市中区栄3-16-1 松坂屋名古屋店 南館7階
この後も、全国巡回するかもしれない …

みどころ

発想の源を探る
スケッチ約2,000枚を大公開

ヨシタケさんが絵本作家デビュー以前から、日々描きためてきたスケッチの数々。小さな手帳の中に、ヨシタケさんの発想の源ともいえる、果てしない妄想やアイデア、そして世界の見方がつまっています。本展では、1万枚を超える膨大なスケッチの中から約2,000枚を複製し一挙に公開。過去最大規模で、ヨシタケさんの「頭のなか」をご覧ください。
愛用の手帳(『あんなに あんなに』スケッチ)
愛用の手帳(『あんなに あんなに』スケッチ) 撮影:野澤亘伸
愛用の手帳(『あんなに あんなに』スケッチ)
愛用の手帳(『あんなに あんなに』スケッチ) 撮影:野澤亘伸
『なつみはなんにでもなれる』アイデアスケッチ
『なつみはなんにでもなれる』アイデアスケッチ
『それしか ないわけ ないでしょう』アイデアスケッチ
『それしか ないわけ ないでしょう』アイデアスケッチ
『りんごかもしれない』原画
『りんごかもしれない』原画
『もう ぬげない』原画
『もう ぬげない』原画

絵本の世界を体感できる
仕掛けが盛り沢山

デビュー作『りんごかもしれない』をはじめ、『つまんない つまんない』『なつみはなんにでもなれる』など約20作の人気絵本から、原画や構想段階のアイデアスケッチなどを多数紹介します。ヨシタケさんのアイデアから生まれた、作品の世界に入り込んだような体験展示もご用意。大人も子どもも体と心を動かして楽しめます。
『りんごかもしれない』ブロンズ新社 2013年
『りんごかもしれない』ブロンズ新社 2013年
『ふまんがあります』PHP研究所 2015年
『ふまんがあります』PHP研究所 2015年
『なつみはなんにでもなれる』PHP研究所 2016年
『なつみはなんにでもなれる』PHP研究所 2016年
『つまんない つまんない』白泉社 2016年
『つまんない つまんない』白泉社 2017年
『あつかったら ぬげばいい』白泉社 2020年
『あつかったら ぬげばいい』白泉社 2020年
『あんなに あんなに』ポプラ社 2021年
『あんなに あんなに』ポプラ社 2021年

出品数400点以上!
ヨシタケシンスケの謎を
解き明かそう

絵本を出版する以前から、イラストレーターや造形作家として活躍してきたヨシタケさん。その独自の発想がどこからやってくるのか、学生時代の立体作品や、アトリエに保管されていた貴重な私物コレクションから、インスピレーションの源を探ります。
カブリモノシリーズ《ACcess100》
カブリモノシリーズ《ACcess100》
撮影:三橋純
カブリモノシリーズ《WING》
カブリモノシリーズ《WING》
《ぶくぶく観音》
《ぶくぶく観音》
撮影:加藤新作
「ヨシタケシンスケ展かもしれない」のイメージ
「ヨシタケシンスケ展かもしれない」のイメージ
©Shinsuke Yoshitake
「ヨシタケ展 こんなことやりたいけど ムリかもしれない その④『会場が家の前まできてくれる』」
「ヨシタケ展 こんなことやりたいけど ムリかもしれない
その④『会場が家の前まできてくれる』」
©Shinsuke Yoshitake 初出:「MOE」2021年12月号
「ヨシタケシンスケのしくみ」着彩版
「ヨシタケシンスケのしくみ」着彩版
©Shinsuke Yoshitake 初出:「MOE」2017年4月号

「かもしれない」で
広がる世界

『りんごかもしれない』は、どこにでもあるひとつのりんごから想像をふくらませて、視点を変えたり、考えたりすることの楽しさを教えてくれました。
「ヨシタケシンスケ展かもしれない」を見終わったあとには、いつものなにげなく見ているものの見方がちょっぴり変わっているかもしれません。

会場のようす

撮影:黒澤義教
撮影:黒澤義教
撮影:黒澤義教
撮影:黒澤義教
撮影:黒澤義教
撮影:黒澤義教 ©Shinsuke Yoshitake
撮影:黒澤義教 ©Shinsuke Yoshitake
撮影:黒澤義教 ©Shinsuke Yoshitake
撮影:黒澤義教
撮影:黒澤義教

図録とグッズ

  • 『ヨシタケシンスケ展かもしれない 公式図録 こっちだったかもしれない』
  • 『ヨシタケシンスケ展かもしれない 公式図録 こっちだったかもしれない』
    展覧会のための構想スケッチ ※未公開(展覧会での展示なし)
  • 『ヨシタケシンスケ展かもしれない 公式図録 こっちだったかもしれない』
    ヨシタケのアトリエにある自身の立体作品や私物コレクション
  • 『ヨシタケシンスケ展かもしれない 公式図録 こっちだったかもしれない』
  • 『ヨシタケシンスケ展かもしれない 公式図録 こっちだったかもしれない』
  • 『ヨシタケシンスケ展かもしれない 公式図録 こっちだったかもしれない』
ヨシタケシンスケ展かもしれない 公式図録
こっちだったかもしれない
展覧会公式図録は、ヨシタケシンスケ自身が描き下ろしたコンテンツを豊富に収録。絵本のためのラフやアイデア、絵本原画をはじめ、展覧会のために描いた未公開スケッチを1000点以上収録。さらに、展覧会オリジナルグッズを自ら考案したスケッチは170点以上に。展覧会の裏話を含む5500字インタビューや、絵本作家デビューから10年の軌跡をたどる専門家による絵本論も必読です。
定価2,970円(本体2,700円+税)
B6判変型(W117×H163×D42mm) 
496ページ
アートディレクション/大島依提亜 
撮影/加藤新作 
発行/白泉社
©Shinsuke Yoshitake
  • 『復刻版 カブリモノシリーズ』
  • 『復刻版 カブリモノシリーズ』
    展覧会場に展示されている「ACcess100」の機能と効果がわかる
  • 『復刻版 カブリモノシリーズ』
    カブリモノのスケッチには、現在に通じるアイデアが満載
『復刻版 カブリモノシリーズ』
「頭にかぶったり、身につけたりすることで、何かができるようになったり、できなくなったりする」ものをヨシタケシンスケが1992年から97年に創造したカタログ。実際の立体作品は「ヨシタケシンスケ展かもしれない」に展示されているものも。構想メモやスケッチを収録し、1999年にヨシタケシンスケが自費出版した小冊子を展覧会のために復刻しました。
880円(税込)
B6版 
モノクロ80ページ
著/ヨシタケシンスケ  
発行/白泉社
©Shinsuke Yoshitake
グッズは後日発表!
※会場へのグッズの在庫や入荷情報等のお問い合わせはお控えください

プロフィール

ヨシタケシンスケ
撮影/黒澤義教

ヨシタケシンスケ

1973年神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。2013年に初の絵本『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)を出版。これまで『りんごかもしれない』『もう ぬげない』(ブロンズ新社)『りゆうがあります』『なつみはなんにでもなれる』『おしっこちょっぴりもれたろう』(PHP研究所)『あつかったら ぬげばいい』(白泉社)『あんなに あんなに』(ポプラ社) で7度にわたりMOE絵本屋さん大賞第1位に輝く。『りんごかもしれない』で、第61回産経児童出版文化賞美術賞、『つまんない つまんない』(白泉社)の英語版『The Boring Book』で、2019年ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞受賞。

公式Twitter

お友達とシェア

朝日新聞社催事サイト利用規約

「朝日新聞社催事サイト利用規約」(以下「本規約」といいます)は、株式会社朝日新聞社及び催事の共同主催者(以下、総称して「当社」といいます)が主催する展覧会等の催事のウェブサイト(以下、総称して「本サイト」といいます)の利用規約です。本サイトの閲覧・利用を行う利用者は、本規約及び本規約下の「アクセスデータの利用について」「推奨環境・プラグイン・リンク等について」の内容に同意の上、ご利用いただくものとします。

第1条(適用)
本規約が適用される「利用者」には、本サイトを利用する方全てが含まれます。

第2条(外部コンテンツ)
当社以外の事業者が管理運営するリンク先のホームページ等で利用可能となっているコンテンツ及び当社以外の事業者が管理運営するソーシャルネットワーキングサービス(Facebook、Twitter等)の機能または動画埋め込み機能を使って本サイト内に表示するコンテンツ、本サイト外から引用、転載され本サイト内に表示されるコンテンツ(以下、総称して「外部コンテンツ」といいます)並びに外部コンテンツにおける広告、商品、サービスなどについて当社は責任を負いかねますので、利用者の判断及び責任においてご利用ください。

第3条(利用者の責任・費用)
1.利用者は、自己の責任で本サイトを利用するものとし、本サイトを利用した結果、損害や不利益を被ったとしても、利用者自身が責任を負うものとします。ただし、当社の責に帰する場合はこの限りではありません。
2.本サイトの利用のために必要な通信料や、コンピューター・通信機器等に関する費用は、利用者の負担とします。

第4条(著作権)
本サイト及び本サイト内の全てのコンテンツに関する著作権その他の権利は、当社及び正当な著作権者に帰属します。利用者は、本サイトの内容について、当社の事前の書面による許可なく転載、複製、転用、転送、販売等の二次利用を行うことはできません。

第5条(免責事項)
1.当社は、本サイトの内容及び機能について、いかなる保証(その完全性、正確性、確実性、有用性、安全性、正常動作性、機能性を含みますが、これに限りません)も行いません。また、当社は、本サイトの内容及び機能を、編集、管理、削除等し、またはこれに必要な技術的な手段を利用者に提供する義務を負わないものとします。
2.利用者は、以下の事項を了承の上、本サイトを利用するものとします。
(1)本サイトの変更、中断、遅延、停止、終了または不具合が生じる場合があること
(2)第三者または他の利用者とのトラブルが生じた場合に、利用者の責任で対応すること
(3)本サイトを通じて第三者から取得した情報等もしくは第三者との取引等により生じたトラブルは利用者の責任で対応すること
(4)上記各号について、当社がその責を免れること
(5)本サイトに起因して発生した一切の損害((1)~(3)に関連して生じた損害を含みますがこれに限りません)について当社が責任を負わないこと(ただし、当社の責に帰する場合はこの限りではありません)

第6条(禁止事項)
利用者は、本サイトに関して、以下の行為を行わないものとします。
(1)本サイトのコンテンツ等一切を第三者へ提供・再配信する行為
(2)本サイトの正規機能によるものを除き、本サイトのコンテンツ等の複製(閲覧の際に端末上に一時的に発生する電子的蓄積は除く)、編集、加工、翻訳、翻案、出版、転載、頒布、放送、口述、展示、販売、公衆送信(送信可能化、インターネット上のウェブサイトやイントラネット等への掲載を含む)及び改変をするなど、当社及び第三者の権利を侵害する一切の行為、あるいはこれらを行ったコンテンツ等一切を第三者へ提供・再配信する行為
(3)本サイトを、営利を目的として利用する行為、またはその準備を目的とした行為
(4)データマイニング、ロボット等によるデータ収集・抽出ツールを使用する行為
(5)本サイトの全部もしくは一部のリバースエンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブルする等の行為
(6)第三者または当社の財産、名誉・信用・肖像・プライバシー・パブリシティーに係る権利、著作権・特許権・商標権等の知的財産権その他の権利を侵害する行為、または侵害を助長する行為
(7)上記各号に定めるほか、法令に違反する行為またはそれを助長するおそれがある行為
(8)本サイトの運営または他の利用者による本サイトの利用を妨害する行為
(9)その他、当社が合理的な理由に基づき不適当と判断する行為

第7条(規約・サービスの変更等)
1.当社は、利用者の事前の同意を得ることなく、予告なしにいつでも本規約を変更できるものとします。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本サイト上に表示された時点から効力を生じます。
2.本規約のいずれかの規定が法令に違反していると判断された場合や無効または実施できないと判断された場合も、当該規定以外の各規定は、いずれも引き続き有効とします。
3.当社は、利用者の事前の同意を得ることなく、予告なしにいつでも本サイトの全部または一部を変更し、本サイトの提供を中断または終了できるものとします。

第8条(準拠法、裁判管轄)
1.本規約は日本国法に準拠し、日本の法令に従って解釈されるものとします。
2.利用者と当社の間で本規約及び本サイトに関する紛争が生じた場合、両者で誠意をもって協議をするものとしますが、それでも解決しない場合、東京簡易裁判所または東京地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2022年2月25日 施行

本サイトは、株式会社朝日新聞社が主催する「ヨシタケシンスケ展かもしれない」の公式ウェブサイトです。
本サイトの閲覧・利用を行う利用者は、以下の「推奨環境・プラグイン・リンク等について」「アクセスデータの利用について」及び朝日新聞社催事サイト利用規約の内容に同意の上、ご利用いただくものとします。


推奨環境・プラグイン・リンク等について

推奨環境について

本サイトを快適にご覧いただくために、最新のブラウザーのご利用をおすすめします。制作にあたっては、下記のブラウザーの動作確認を行っています。
・Windows(10以上): FireFox、Google Chrome、Microsoft Edge
・Mac: Safari

スマートフォンおよびタブレット向けに表示を最適化しているページにつきましては、下記の環境で動作確認を行っております。
・Android端末: Android6.0以上のスマートフォン標準搭載のブラウザー
・iOS端末: iOS11.x 以上のスマートフォン標準搭載のブラウザー
・iPadOS端末:iPadOS13.x以上のタブレット搭載のブラウザー

プラグインについて

本サイトには、動画・アニメーション・PDFなどを使用したコンテンツがあります。これらのコンテンツは、以下のプラグインソフトをインストールすることでご利用いただけます。プラグインソフトをお持ちでない方は、以下の各サイトからダウンロードできます。
・Adobe Acrobat Reader DC
PDFファイルを表示するソフトです。
ダウンロードはこちらから

JavaScriptとCookie

本サイトでは、JavaScriptとCookieを使用しています。お使いのブラウザーでJavascript及びCookieの設定を無効にされている場合、正しく機能しない、もしくは正しく表示されない場合がございます。全てのコンテンツをご利用いただくには、ブラウザー設定で有効にしていただくことをお奨めいたします。

リンク

本サイトへのリンクは、営利を目的とせず、フレームなしで行うなど一定の条件を満たしている限り、原則として自由です。本サイトの趣旨に合わない場合や、朝日新聞社及び共同主催者の催事運営その他事業等を害する恐れがある場合は、リンク自体をお断りすることがあります。なお、編集・更新の都合により、サイト内の各ページは予告なく変更・削除されることがあります。また、アクセス認証を求められる場合があります。リンクを設定いただいても、短期間でリンク切れとなる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。


アクセスデータの利用について

本サイトでは、株式会社朝日新聞社及び共同主催者が、Cookieを使用して利用者の端末情報(IPアドレス、オペレーティングシステムやブラウザーの種類等)及び利用者の行動履歴(アクセスした時刻、URL、訪問回数等)等を取得し、以下のような目的に利用しています。
(1)サービス改善のための分析
(2)利用者に最適と推定されるコンテンツの配信
(3)行動ターゲティング広告等の広告配信

アクセスデータの取得・利用に使用しているツールは下記の通りです。

・Google Analytics
「Google Analytics」は、Google社が提供するウェブ解析ツールで、Cookie、ウェブビーコン、またはそれらに類似するテクノロジーによって利用者情報を収集しています。Google Analyticsについては、https://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/ (※外部サイト)をご覧ください。
なお、Google Analyticsによる利用者情報の収集を希望されない場合は、Google社が提供する「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」を使用中のブラウザーにインストールすることで、無効にすることができます。Googleアナリティクスを無効にするにはhttps://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=ja(※外部サイト)をご覧ください。